青函航路 | 乙参嗜好-オッサンシコウ乙参嗜好-オッサンシコウ

青函航路

2019年9月 津軽海峡の青森~函館間をフェリーで渡る。
沢山の船が行き交うこの航路は、昔から北海道と本州の物流の要だった。

青森と函館を結ぶフェリーは、2019年現在、津軽海峡フェリー株式会社が運営する、「津軽海峡フェリー」(旧東日本フェリー)と、共栄運輸株式会社と北日本海運株式会社が共同運営する「青函フェリー」がある。

津軽海峡は、富山から北海道へ行く際、いづれかの手段で過去10回以上は渡っている。

最後に海峡を渡ったのは、1992年に函館~青森を東日本フェリーの「びるご」という名前の船で渡ったのが最後である。
その後は、直江津~室蘭、新潟~小樽等の長距離フェリーを利用していた。

22年ぶりに船で北海道へ、27年ぶりに津軽海峡を渡るため、青森フェリーターミナルを訪れてみた。

 

 

 

 

青森フェリー埠頭

函館へ向けて出港する 「はやぶさ」

ターミナルへ着くと、ちょうど2番のりばから11時35分発の青函フェリー「はやぶさ」が出港して行った。

共栄運輸:はやぶさ(4代)
2014年就航、2949総トン、全長114.85メートル、旅客定員300人、車両積載数:トラック32台

 

 

 

 

 

津軽海峡フェリー、青森ターミナル

一番北側の1番バースの横に建て替えられたターミナルビル。
2008年、リベラ傘下時代に、建てられたようだ。

2番のりばと3番のりばの間にあった取り壊れた旧ターミナルが懐かしい。

 

 

 

 

 

4番のりばに停泊する「ブルーマーメイド」

青函航路は、津軽海峡フェリー4隻、青函フェリー4隻の計8隻のカーフェリーが行き来している。
2つのフェリー会社が共用する青森のフェリー埠頭は、一度に4隻のフェリーの人と車の乗降ができる設備がある。

津軽海峡フェリー:ブルーマーメイド
2014年就航、8860総トン、全長144メートル、旅客定員583人、車両積載数:トラック71台(または乗用車230台)

 

 

 

 

 

フェリー埠頭より、旧青函連絡船桟橋方面を望む

三角の建物は、「青森県観光物産館アスパム」、左に「青森ベイブリッジ」、中央に旧青函連絡船の「八甲田丸」が見える。

 

 

 

 

 

青森港に入港する「あさかぜ21」

先程出港した「はやぶさ」とすれ違うように入稿してくる、函館8時10分発、青森12時10分着の「あさかぜ21」

 

 

 

 

北日本海運は、「あさかぜ5号」と、「あさかぜ21」の2隻を運行している。
青函フェリーは、2000年の海上運送の改正までの間、旅客を扱わない貨物専用フェリーとして運営しており、一般客が乗船することができなかった。

1987年、家族で函館へ行ったとき。一般旅客を扱う東日本フェリー(現津軽海峡フェリー)の予約が取れず、函館港で働く祖父の口利きで、一度だけ北日本海運の青函フェリー「あさかぜ3号」に乗船したことがある。

当時の青函フェリーは、車両甲板が完全に覆われておらず、船体の4分の1程が露呈しており、客室のある甲板から、車両甲板を覗くことができた。

一般客は、私と父と母の3人しかおらず、他はすべてトラックドライバー。キャビンは小さく、船室は2等船室が一つあるだけだったのを覚えている。

 

 

 

 

 

2番のりばへ着岸した、「あさかぜ21」

減速しながら岸壁へ近づいてくる。ロープで船を固定したあとに、船首のバウバイザーが開き、車が渡るランプ(橋)を下ろされ、中から車が降りてくる。

これが、フェリーターミナルで見られる一般的な光景である。

北日本海運:あさかぜ21
2009年就航、2,048総トン、全長101.52メートル、旅客定員198人、車両積載数:大型トラック24台、小型トラック2台

 

 

 

 

 

1番のりばへ、後進で着岸する、青森15時50分着の「ブルードルフィン2」

係船ロープを受け取るため、作業員が待っている。
この船に乗船し、17時05分に函館に向けて出発する。

 

 

 

 

岸壁では着岸作業が行われている

 

 

 

 

 

係船作業中の岸壁。

 

 

 

 

 

ホーサーで固定され、着岸が完了した「ブルードルフィン2」
奥に見えるのは、2番のりばで荷役中の、共栄運輸「3号はやぶさ」。

「ブルードルフィン2」は1994年に「ほるす」として就航し、唯一東日本フェリー時代から使用されている船体である。
1994年当時、青森~室蘭航路に「新造船ほるす就航」というチラシを持っていた記憶がある。
韓国の国際航路に就航したり、同航路へ戻ったりと、幾度か名前を変える等の数奇な運命をたどっている。

津軽海峡フェリー:ブルードルフィン2
1994年、東日本フェリー「ほるす」として就航。
2008年、「パンスター・ハニー」と名を変え、韓国のパンスターラインでクルーズ船として就航した後、釜山~大阪、釜山~金沢航路に就航。
2010年、「ブルードルフィン」として再び青函航路へ復帰。
2016年、2代目「ブルードルフィン」の就航により運行終了。
2017年、「ブルードルフィン2」として再就航した。
7,003総トン、全長136.4メートル、旅客定員586人、車両積載数:トラック65台または乗用車200台

 

 

 

 

 

乗船、出港

ボーディングブリッジを渡っての乗船
青森では、車での乗船しかしたことが無く、初めての体験だった。

 

 

 

 

2本の煙突

 

 

 

岸壁に設置される防舷材

 

 

 

 

2番のりばに停泊する、青函フェリー「3号はやぶさ」

共栄運輸:3号はやぶさ
2000年就航、2,107総トン、全長101.62メートル、旅客定員105人、車両積載数:トラック25台

 

 

 

 

 

青森フェリーターミナルの敷地と、2番のりばから乗り込むトラック

 

 

 

 

 

ランプ(橋)を上げて出向する。

 

 

 

 

 

青森中心部を望む
堤防の外は、波が荒いことがわかる。波消しブロックが有効であることがわかる構図である。

 

 

 

 

 

青森港を後に、速度を上げる

 

 

 

 

 

陸奥湾に錨泊する、貨物船
(左)鶴見サンマリン株式会社「鶴令丸」
(右)横田海運株式会社「第一二 近雄丸」

 

 

 

 

 

17時27分、函館14時10分発(青森17時50分着)の「ブルードルフィン」とすれ違う

津軽海峡フェリー:ブルードルフィン
2016年就航、8,800総トン、全長144.12メートル、旅客定員583人、車両積載数:12メートルトラック70台、8メートルトラック1台、乗用車30台

 

 

 

 

 

17時49分、函館14時35分発(青森18時25分着)の「あさかぜ5号」とすれ違う

北日本海運:あさかぜ5号
1998年就航、1,958総トン、旅客定員103人、車両積載数:トラック24台

 

 

 

船首がかき分ける波

 

 

 

 

 

下北半島、牛ノ首岬、北海岬方面

 

 

 

 

17時53分。津軽海峡の夕日。

 

 

 

 

 

日が沈み、照明が甲板を照らす

 

 

 

 

 

函館、到着

20時32分。エンジン音に変化があったので、窓を覗いてみると、函館が見えた。

 

 

 

 

誰もいなくなった船室

下船のため、車利用以外の乗船客は、エントランスへ集まった。
ディーゼルエンジンの振動が伝わる船内は、懐かしさを感じた。

 

 

 

 

 

20時45分。函館ターミナル、定刻通り4番のりばに着岸した「ブルードルフィン2」
これで、3時間40分の船旅が終わる。

 

 

 

 

 

青森への乗船を待つ車。

 

 

 

 

 

函館ターミナルビル

以前、90年代に利用した頃は、2階建ての古い建物だった。

その頃は「東日本フェリー」という社名で、本州と北海道を結ぶ10以上の航路に船を走らせ、20隻を超えるフェリーを運行させていた。

黄色、オレンジ、赤の3本のラインが入った船体が特徴的だった。

90年代には日本海航路に進出、直江津から博多まで航路を伸ばし、90年代後半には、大洗、仙台航路と共に13,000トンを超えるの大型長距離フェリーを6隻も運行していたが、その後資金繰りが悪化。

2003年に会社更生法を申請し、運営会社が何度か変わりながら、今の津軽海峡フェリーとなるが、変わらないイルカのマークは、とても懐かしい。

 

 

 

 

 

馬を輸送するトラックが泊まっていた。
北海道っぽい風景である。

 

迎えのタクシーで、ホテルまで移動する。

久々に良い船旅ができた。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.