城下のマラー・ストラナ | 乙参嗜好-オッサンシコウ

城下のマラー・ストラナ

2015年10月 プラハ滞在の2日目

プラハ城見学の途中、昼食を取りに、城下のマラー・ストラナへ下りる。

プラハを一望できる正門から、ケ・フラドゥ通りを下り、ネルドヴァ通りへ出てしばらく下り、右手のヤーンスキー・ヴルシェクの階段を下る。
ブジェティスラヴォヴァの石畳には、吸殻が沢山捨ててあった。

狭いトルジシュチェ通りへ入り、木が覆いかぶさる路地を抜け「バラーチュニツカー・リヒタ」と言う店で、グラーシュと呼ばれる、伝統的なチェコ料理を食べた。
グラーシュは、ハンガリーから伝わった牛肉のシチューに、クネドリーキという茹でたパンのようなものを付け合せたもの。
チェコでは、ビールと一緒に食べる事が多いので、味は少々濃いめだが、これは日本人の口にも合う。

店を出て、ヴラシュスカー通りへ。
城へ戻る途中、社会主義時代を物語る、KGB博物館があった。

 

その他チェコ旅行の記事はこちら

チェコ旅行 記事一覧 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2015年10月のチェコ旅行総まとめ。 チェコ旅行の写真、記事一覧はこちら。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.