朝食前の散歩 | 乙参嗜好-オッサンシコウ乙参嗜好-オッサンシコウ

朝食前の散歩

2013年10月

ベルギー・ブリュッセルの2日目
ホテルから900メートル先のパン屋へ向かう

October 2013
Day 2 of the Brussels, Belgium
We headed to the 900 meters destination bakery from hotel

カレル・ブルス広場のホテルを後にし、マドレーヌ通りを登ると美術館が立ち並ぶ芸術の丘のアルベルティーヌ広場に出る。

この広場には、王妃エリザベート・ド・バヴィエールの像が、シャペル通りを挟んだ高台に設置された、夫である第3代ベルギー国王アルベール1世の騎馬像を見上げるように立っている。

芸術の丘から、ジュスティス広場を抜け、ルボー通りへ。

ルボー通りは、ゆるやかなS時カーブの登り坂に沿って古い建物が立ち並ぶ景色が印象的だった。

坂を登りきり、グラン・サブロン広場を左へ200メートル程歩くと「ル・パン・コティディアン」と言うパン屋が今朝の目的地だ。

I leave the hotel of the Karel Brousse open space and appear in Place de I’Albertine of the hill of the art that an art museum compares with when I climb the madeleine street.

I stand in this open space to look up at the mounting a horse image of the third Belgium king Albert first who is the husband that an image of queen Élisabeth de Bavière was installed in the hill across Kapellestraat.

Pull Gerechtsplein out of the hill of the art; to Rue Lebeau.

In Rue Lebeau, the scenery which an old building compared with along the uphill slope of the curve at gentle S was impressive.

I finish climbing the slope, and the baker who calls Grand Sablon “LE PAIN QUOTIDIEN” approximately 200 meters to the left when I walk is a destination this morning.

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.