ノートルダム大聖堂 | 乙参嗜好-オッサンシコウ乙参嗜好-オッサンシコウ

ノートルダム大聖堂

2017年9月 パリのノートルダム大聖堂へ

前回登らなかった、鐘楼へ登った。
あの火災が起こる1年7ヶ月前である。

2019年4月15日、改修工事中に火災が発生。消化は難航し尖塔は崩落。美術品は運び出され、パイプオルガンも無事だったが、復旧には相当の時間がかかるだろう。
パリ消防旅団の尽力により、この2つの塔には火は移らなかった。

次に登れるのはいつになるかわからない。
このときの旅行では、今はなき尖塔と、鐘楼からの眺望を写真に収めていた。

 

 

 

 

 

シテ島にある、ノートルダム大聖堂
目の前の広場には「ポワンゼロ」と呼ばれる、パリの中心点がある
この2つの塔は69メートルあり、387段の螺旋階段を登って一番上まで行くことができる。

 

 

 

 

 

鐘楼に佇むガーゴイル

 

 

 

 

 

身廊の屋根と尖塔
これらは、2019年の火災で消失している。

 

 

 

 

 

パリを見下ろすガーゴイル
パリで最も高いモンマルトルの丘が見える

 

 

 

 

 

セーヌ川とエッフェル塔
高層ビルがあるのは、再開発地区のラ・デファンス

 

 

 

 

 

鐘楼の避雷針

 

 

 

 

 

モンマルトルの丘に建つサクレ・クール寺院

 

 

 

 

左岸の町並みとエッフェル塔

 

 

 

 

 

尖塔と、サン=ルイ島

 

 

 

 

 

鐘楼最上部のテラス
通路には落下防止の金網がつけられていた

 

 

 

左岸(パリ5区)の町並み

 

 

 

 

 

下りの螺旋階段

 

 

 

 

 

正面の彫刻

 

 

 

 

 

開館前のノートルダム大聖堂

 

 

 

 

 

 

 

ノートルダム大聖堂 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2013年10月「ノートルダム・ド・パリ」で有名な世界遺産、ノートルダム大聖堂へ。
イギリス・フランス 記事一覧 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2017年9月、イギリスのロンドン、ヨークと、フランスのパリへ。 ロンドンには、それなりに思い入れのあるものが多い。かつての海洋王国だったイギリス。ロンドンには、好物の船にまつわるものも多い。2013年の最初の旅の時、イギリスも候補に上がったが、ベルギーに変更した経緯がある。今回は、ロンドンの知人を尋ねること、ヨークに行き、世界最速の蒸気機関車を見る。そして、フランスで前回行けなかった、ヴェル

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.