瑞龍寺 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

瑞龍寺

2016年3月
瑞龍寺へ

重要文化財である「総門」を潜り、国宝である「山門」「仏殿」「法堂」へと続く。
これらの国宝は、富山県内唯一の国宝である。中でも法堂は、1655年建立と最も歴史が古い。

また「山門」の左右に、仏殿を取り囲むように「北回廊」「南東回廊」「南西回廊」と周囲約300mの回廊がある。
これらの回廊は、重要文化財である。

初めて足を運んだが、歴史ある木造建築の威厳を感じる事ができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.