築地市場 | 乙参嗜好-オッサンシコウ乙参嗜好-オッサンシコウ

築地市場

2015年12月

日本を代表する世界最大規模の市場で、東京中央卸売市場の一つ「築地市場」に行った。
昭和10年(1935年)に作られたその場所は、都会のど真ん中に昭和レトロな風景がある不思議な場所だった。

この日は、10時過ぎに行ったので、競りはとうに終わっているが、年末の買い出しと観光客で場内も場外も物凄い人だかりだ。

場内には、業者が買い付けに来る売り場の他に、吉野家一号店を始め、市場で働く人達が利用する食堂や、秤の専門店等の必要な道具を売る店がある。
壁の汚れや、ボロボロのトタンが、懐かしさを感じさせるが、少し視線を高くすると、晴海の高層マンションが軒を連ね、とてもミスマッチな風景が続く。

通路には、ターレー(ターレットトラック)と呼ばれる小さいトラックが走り回っている。
以外とスピードがあるので、気をつけなければ危ない。

築地市場は、来年2016年11月7日に、築地から豊洲への移転が決まっている。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.