バッキンガム宮殿 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

バッキンガム宮殿

2017年9月 ロンドン滞在3日目。
エリザベス女王の公邸、バッキンガム宮殿へ。

バッキンガム宮殿は、ロンドンで最も有名な観光地である。
宮殿屋上に掲げられた旗が、王室旗の時は女王が在宅、イギリス国旗なら不在とのこと。

この日は、イギリス国旗の為、不在のようだ。

 

 

 

 

 

正門

 

 

 

全景

 

 

衛兵

 

 

 

衛兵

 

 

 

 

クイーン・ヴィクトリア記念碑
(Queen Victoria Memorial)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッキンガム宮殿は1837年以来、英国のソブリンの公式のロンドン邸宅として使われており、今日はモナークの管理本部です。バッキンガム宮殿の州議会議事堂は、ザ・クイーンズが開催する多くの公式イベントやレセプションに使用されていますが、毎年夏に訪れる人々に開放されています。

バッキンガム宮殿には775室の客室があります。これらには、19の州の客室、52のロイヤルとゲストのベッドルーム、188のスタッフのベッドルーム、92のオフィス、78のバスルームが含まれています。測定では、建物は正面全体に108メートル、深さ120メートル(中央の四角形を含む)、高さ24メートルです。

引用:バッキンガム宮殿公式サイト

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.