夜のカレル橋 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

夜のカレル橋

2015年10月 プラハ滞在の3日目

夕食の後、夜のカレル橋へ。
22時を過ぎても、観光客が少し減った程度で、人通りが多いことに変わりは無い。
夜のカレル橋は、街灯の感覚が少々広いので、若干暗い感じがするが、旧市街とマラーストラナの夜景をヴルタヴァ越しに楽しむことが出来る。

旧市街側は、オレンジ色の街灯に照らされ建物が煌々と浮かび上がる。
マラーストラナ側の丘の上には、プラハ城がライトアップされ、川沿いのテラスには、食事の明かりが灯る。

マラーストラナの門を抜け、聖ニコラス教会の下にあるトラムの停留場へ向けて歩く。

この日の観光はこれでおしまい。
明日から、ショートトリップ。
プラハを離れ、チェスキークルムロフを目指します。

 

その他チェコ旅行の記事はこちら

チェコ旅行 記事一覧 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2015年10月のチェコ旅行総まとめ。 チェコ旅行の写真、記事一覧はこちら。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.