アトサヌプリ 硫黄山 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

アトサヌプリ 硫黄山

2016年9月 北海道弟子屈町 アトサヌプリ(硫黄山)へ。

川湯温泉駅近くの町に寄ったとき、綺麗な二つの山が見えたので、行ってみた。

dscf0349

意外と近く、写真の場所から1.6ロ。車では5分もかからない。

dscf0372

駐車場からすでに硫黄臭が漂う。150メートル程、ガレ場を歩くと、硫黄臭と熱気がいっそう強くなる。
そこらじゅうから温泉と、硫化水素が噴出す。

dscf0396

かつては、硫黄の採掘場として鉱山だった時期もあるそうだ。

dscf0408

アトサヌプリとは、アイヌ語で「裸の山」と言う意味があるらしい。
アイヌは、熔岩や硫黄に覆われた火山を、アトサヌプリと呼んだそうだ。

dscf0416

dscf0441

間近でガスが噴出す様は、ある意味、箱根の大涌谷よりも迫力があった。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.