パリ北駅 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

パリ北駅

2013年10月

ブリュッセル南駅から1時間22分。フランス、パリ北駅へ。
初めての、鉄道での国境越えである。

パリ北駅は、その名の通りパリの北の玄関口だ。
かつては東欧、ロシアへ向かうターミナル駅として栄えた。
日本からのシベリア鉄道経由での到着地も、このパリ北駅であった。

今でも、ドイツへ向かうTHALYS(タリス)、ドーバー海峡を超え、ロンドンを結ぶEurostar(ユーロスター)等、国際列車の始発駅となっている。

タリス(仏: Thalys)とは、フランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車。ユーロスターと同様、フランスのTGVを基本にしており、電化方式の異なる区間を走行するため、様々な工夫が施されている。 最高速度は300km/h。

引用:タリス – Wikipedia

 

 

 

 

終点のパリ北駅で全ての乗客が降車する。

 

 

 

 

THALYS(タリス)は連接台車(二つの車両にまたがって一つの台車がある)を採用している。
TGVからのお家芸だ。日本では小田急線のロマンスカーが有名。

 

 

 

 

パリ北駅は始発駅の為、全て行き止まりの頭端式ホームだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TGV-RがベースのPBA型と呼ばれる車両に乗ってきた。
PBAとは、P(パリ)B(ブリュッセル)A(アムステルダム)の略だ。

 

 

 

 

多くの乗客で賑わうパリ北駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床がガラス張りのエレベータ

 

 

 

2階通路からの眺め。

 

 

 

タクシーを待つ長蛇の列に並び、ホテルへ向かう

 

 

 

 

ベルギー&フランス旅行 記事一覧 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2013年10月、初めての海外旅行へ。 日本からの海外旅行と言えば、ハワイ、グアムが王道で、ソウル、香港、台北、東南アジアと旅行代理店の店頭にツアーのチラシが並ぶ。 もちろん、どの場所も素晴らしく、それなりに楽しむ事ができるだろう。ただ20代の頃は、格安であれ旅行にその金額を掛けたくなかった。 そこまで行って得られるものとは何なのか。理解したいとも思わなかった。 元々、クリスマスや、ハロウィン等の外来イベントが嫌いだった。 広告代理店の戦略に踊らされ、日本と全く関係の無いイベントを、本来の目的とは関係なく楽しんでいる輩を見るのが、大嫌いだった。 それと同様。海外旅行が安いと煽り立て、こぞってハワイだのタイだのと当たり前のように渡航する。 日本本来の素晴らしさを知らずに、海外に出る輩と同じにはなりたく無かった。 そんな凝り固まって捻くれた頭を持ったまま、時は経ち、気が付くと30歳を越していた。 新婚旅行だ。さてどうする。 ありふれたところには行きたくない。東南アジアも行ってみたいが今じゃない。アメリカは、歳を取ってからでも行ける。 答えが出るのは早かった。 「ヨーロッパに行きたい」 西洋への憧れを現実にするタイミングがやってきた。 じゃぁ、どこへ行く? 大好きなドイツへ戦争遺跡を見に行くのか、それとも古代ローマの史跡を辿るか、オランダで運河を見るか、スイスでマッターホルンを眺めるか、ロンドンでMI6の本部を見るのか。 偶々テレビでベルギーの特集をやっていて、ブリュッセルのグラン=プラスの存在を知った。 ここだ。 その無骨で優美な、ネオゴシック様式の建築物に囲まれた広場。 2013年当時、日本からの直行便が無く、日本人観光客も多くは無い。 現実的な範囲内で、自分が最初に行く海外は、ブリュッセルが一番ベストだった。 ブリュッセルを中心に、旅行の計画を進める。 飛行機は成田発の日系で、ロンドン経由。 ブリュッセルに2泊し、鉄道でブルージュへ移動、ここで2泊。ブリュッセルに戻ってタリスに乗り、フランスのパリへ行き2泊。帰りはシャルルドゴールから帰る。 という6泊8日の行程が決まった。 この為にカメラも新調し、準備は万端である。 30年の長い鎖国から、ようやく開国を迎えた。 Day.1~3 ブリュッセル 初めての海外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.