プラハ 最初の朝 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

プラハ 最初の朝

2015年10月 チェコ、プラハの2日目

ホテルの最上階である5階の部屋でプラハの朝を迎える。
最上階と言っても、とくに高級と言うわけではなく、天井が斜めになっている、いわゆる屋根裏部屋であり、むしろ安い。
エレベータに張られているこのホテルを紹介した写真を見ると、宿泊している部屋よりもあきらかに豪華な内装だった。
ちなみに階の数え方は、日本とは違い、1階を0階とするので、泊まった部屋は日本で言うところの6階となる。

 

階段の踊り場のテラスがあり、喫煙所として使われているようだ。
ここで朝日を浴びながらの一服がとても気持ちが良い。

宿泊客は、地下にあるビュッフェで朝食を食べる事ができる。
プラハの朝食は、プラハハムとチーズにパテ、それらをパンと一緒に食べるのが一般的なようだ。

フロントで24時間乗れるトラムのチケットを購入。
本日の目的地であるプラハ城に向けて出発する。

石畳に響くトラムの走行音。壁の落書き。

トラムの停留所へ行き、やってきた22番のトラムに乗る。
プラハ城に行くには、坂道や階段を登らなくてはいけないが、これに乗るとホテルの近くから直接坂の上まで行く事ができる。

トラムを降りて、朝のやわらかい日差しが差し込む中、プラハ城の北門を目指す。

 

その他チェコ旅行の記事はこちら

チェコ旅行 記事一覧 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2015年10月のチェコ旅行総まとめ。 チェコ旅行の写真、記事一覧はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.