弥陀ヶ原 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

弥陀ヶ原

2017年4月 立山黒部アルペンルート、弥陀ヶ原へ。

立山駅よりケーブルカーで「美女平」へ登り、バスに乗り換え「弥陀ヶ原」へ。

この日は、弥陀ヶ原にある立山荘に宿泊する。

中部山岳国立公園内、標高は1600メートルから2000メートル程に位置する、東西4キロ、南北2キロの溶岩台地。
夏には高山植物が咲き誇り、秋には草紅葉が美しく広がるこの地は、立山信仰において「阿弥陀の住む楽園」とされた。
これが、弥陀ヶ原の名の由来とも言われる。

訪れた時は、5メートル近い積雪があり、見渡す限り雪の平原が広がっていた。

 

 

 

 

松尾峠方面
水が流れた跡

 

 

 

立山有料道路 追分料金所
美女平から室堂へ向かうバスは、ここで料金を払う

 

 

 

弥陀ヶ原の雪渓

 

 

 

弥陀ヶ原の夕日
立山荘より

 

 

 

弥陀ヶ原より望む、富山の夜景
中央に富山市中心部、右には富山湾が確認できる

 

 

 

弥陀ヶ原の夜空 其の壱

 

 

 

弥陀ヶ原の夜空 其の弐

 

 

 

弥陀ヶ原の夜空 其の参

 

 

 

弥陀ヶ原の夜空 其の四

 

 

 



次の目的地、室堂

室堂 | 乙参嗜好-オッサンシコウ
立山黒部アルペンルートの室堂へ。立山の裾野に広がる室堂平と、19メートルの雪の壁。

立山黒部アルペンルート まとめ

立山黒部アルペンルート | 乙参嗜好-オッサンシコウ
2017年4月。立山黒部アルペンルートへ。弥陀ヶ原で星を見て、室堂で雪の壁を見る。黒部ダムを抜けて大町へ。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.