釧路港 | 乙参嗜好-オッサンシコウ

釧路港

2016年9月 釧路港

古いフェンスと、陸揚げされた船。

波打ち際の錆びたスロープレール。

草原に放置された船。

大型貨物船と、詰め込み前のトレーラー。

新しい岸壁には、漁船が並び、

石炭埠頭には、昭和の影が残る。

 

 

 

 

dscf9831

 

 

 

 

dscf9853

 

 

 

 

dscf9858

 

 

 

 

dscf9896

 

 

 

 

dscf9902

 

 

 

 

dscf9906

 

 

 

 

dscf9908

 

 

 

 

dscf9926

 

 

 

 

dscf9930

 

 

 

 

dscf9938

 

 

 

 

dscf9939

 

 

 

 

dscf9945

 

 

 

 

dscf9960

 

 

 

 

dscf9963

 

 

 

 

dscf9964

 

 

 

 

dscf9966

 

 

 

 

dscf9968

 

 

 

 

dscf9974

 

 

 

 

dscf9975

 

 

 

 

dscf9977

 

 

 

 

dscf0931

 

 

 

 

dscf0941

 

 

 

 

dscf0945

 

 

 

 

dscf0968

 

 

 

 

dscf0978

 

 

 

 

dscf0983

 

 

 

 

dscf0992

 

 

 

 

dscf0997

 

 

 

 

 

小さい頃の記憶に残る港の風景がある。

幼い頃、旅先で父親と朝早く散歩に出た。

磯の香りが漂う古い倉庫の間を抜け、引込み線のレールを跨ぎ、船が陸揚げされた工場から朝の海を眺めた。

港や船が好きになったのはこの頃だろう。

東京に住んでから水辺へのアクセスはしやすくなったが、日本の中心は全てが新しく、懐かしさを感じる事はできなかった。

昔見た何かを釧路で思い出せたような気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

乙参嗜好は、find art in narrow world. (狭い世界にアートを見つける)をテーマに、私が日々の暮らしの中で、主に近場の街中、たまに遠くの旅先を歩き回って見かけた風景を紹介していく趣味のウェブサイトです。

※英文は、WEB翻訳を使用しております都合上、読み難い場合がありますので、あらかじめご了承ください。

The theme of OTSUSANSHIKOU is "find art in narrow world". I introduce the town where I live in and the scenery which I watched while traveling. It is the website of the hobby.

※Because you may be hard to read in circumstances using WEB translation, approve the English sentence beforehand.